Google Analyticsのウェブテスト機能のアップデート

公開日: : 最終更新日:2013/12/09 コラム

簡単にA/BテストができるGoogle Analyticsのウェブテスト機能がアップデートされました。

実は元々Google Analyticsのウェブテストにおいては、アクセスしてきたユーザーの振り分けに調整をかけるという機能が付いています。成果の悪いバージョンの影響をできるだけ低くするため、CVRを基にアクセスを均等ではなく良い方に多めに配分するということになっていました。
確かに全体としてのパフォーマンスを考慮すると便利な機能ではあるのですが、一方で純粋に「テスト」という観点で考えると本当にその結果は有意義なのか?という懸念もありました。

これが先日のアップデートにより、アクセス数を均等に配分するという機能が搭載されました!
設定方法は非常に簡単で、通常の流れ(ちなみに詳細な設定方法は簡単にA/BテストができるGoogle Analyticsのウェブテスト設定方法をご覧ください)の設定をする手順の途中で、「詳細オプション」の「すべてのパターンにトラフィックを均等に分配します」を「オン」にします。

ウェブテスト_均等配分

これによりアクセスを均等に配分することが可能です。是非使ってみてください。

ちなみにこの1,2ヶ月でGoogle Analyticsが大幅に進化していますので、Google Analyticsの公式ブログも要チェックです。

  •    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

ランディングページのA/Bテストで着目する10のポイント

ユーザーを最初に誘導して、コンバージョンへと導くランディングページは最もA/Bテストが重要になるペー

記事を読む

no image

A/Bテストの前にやりたいユーザビリティテストの7つのポイント

A/Bテストを始める前にやるべき2つのことでも触れましたが、A/Bテストを始める前にはまず仮説を立て

記事を読む

no image

A/Bテストを実施する上でやってはいけない6つの間違い

A/Bテストは成果をあげるために効果検証する上で、有効な手法ですが、正しく実施をしない場合は間違った

記事を読む

no image

A/Bテストと多変量テスト

多変量テストとは A/Bテストはその名の通りAかBの2パターンをテストしてより良い方を決めるという

記事を読む

モバイルアプリのA/Bテストに便利なサービス

ウェブサイトのA/Bテストと異なり、モバイルアプリのA/Bテストでは柔軟に処理の切り替えが難しいため

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑